「「テスト&ゴー」プログラムの国のリストは、オミクロンのために調整されています」

0
7

タイ政府は、海外から来た観光客の感染についてより多くの詳細が月曜日に明らかになったので、オミクロンの亜種の普及に続いて「テスト&ゴー」国のリストを改訂することが期待されています。

Covid-19状況管理センター(CCSA)のセクター責任者であるSupoj Malaniyomは、このスキームの対象となる低リスク国のリストが見直され、Covid-19のスクリーニング措置が強化されると述べました。

Supojは、CCSAは金曜日に会議を開く前にリスクの高い国を特定し、Test&Goのレビュー範囲を決定すると述べています。 さらなる感染のリスクが高いと考えられる場合は、スキームを完全に停止することができます。 「私たちは、英国だけでなく、他の国々でのオミクロンの広がりを監視しています。 状況は憂慮すべきものであり、必要な予防措置を講じる必要があります。」

博士疾病対策部の疫​​学部長であるChakkaratPitayawong-anantは、月曜日にオミクロン変異体の局所感染を確認した。 博士 Chakkaratは、追加のバリアとスクリーニング手段の一時的な導入もサポートしています。 「オミクロンの蔓延を遅らせるには、3つのことを行う必要があります。特に「テスト&ゴー」プログラムでは、観光客の到着を遅らせること、予防接種をスピードアップすること、マスクを着用することです。」

博士医学部長官のSupakijSirilakは月曜日、12月19日時点で63の確認されたオミクロンの症例があったと述べたが、検出率は前週の1%未満から3%に上昇したと述べた。 彼はまた、Covid-19が陽性であるとテストされた到着者のうち、約25%がオミクロン変異体に感染していることが判明したことにも言及しました。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here