「オミクロン変異体のために疑わしいタイ到着時の抗原迅速検査の導入」

0
10

タイ政府は、オミクロン変異の出現により、完全にワクチン接種された航空会社の乗客のRT-PCR検査を迅速抗原検査(ATK)に置き換える決定を一時停止することを検討していると、サティット・ピトゥタチャ副保健相は本日述べた。

金曜日のCovid-19状況管理センター(CCSA)は、63か国からの旅行者が12月16日からRT-PCRの代わりに抗原検査を受けることを許可するという保健省の提案を承認しました。

RT-PCR検査を受けている旅行者は、結果が出るまでホテルで一晩隔離されます。 抗原検査は短時間で完了し、結果が陰性の場合、訪問者は目的地に進むことができます。 副大臣は現在、タイからオミクロン変異体を排除する上で、RT-PCR検査は抗原検査よりも効果的であると述べています。

アフリカ南部の8か国からの旅行者は、タイを新しいCovid-19バリアントから解放するために、12月1日から禁止されます。

政府は、検疫なしでより多くの国からの旅行者を許可する決定を含めて、2、3週間以内に状況を再評価します。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here