「怠惰な初心者と鶏の糞…」ラオスの民話による民話

0
19

カムは怠惰な初心者でした。 他の初心者が仕事で忙しいとき、彼は口ひげを絞ろうとしました。 他の人が瞑想に行ったとき、カムは眠っていたでしょう。 ある晴れた日、修道院長が別の寺院に行く途中で出かけたとき、彼はカムが大きなイチジクの木の下でうめき声を上げているのを見ました。

「起きろ、カム!」 「え?」 「カム、あなたは怠惰なろくでなし、目を覚ます! 私はあなたのために仕事をしています。 寺院の庭から鶏の糞を全部拭いてほしい。 これがほうきです。」 ‘かしこまりました。 すべての鶏の糞を一掃します。 確かにサー。」

カムはほうきを取り、猛烈に庭を掃除し始めましたが、修道院長が見えなくなるとすぐに、彼は昼寝のためにイチジクの下に戻りました。 そしてそこで修道院長は彼が夕方に戻ったときに彼を見つけました。 カムはほうきをかぶせてイチジクの下を掘っていた。

「カム!」 「え?」 「カム、起きなさい。 あなたは怠惰な初心者です! 今朝お寺を出たとき、鶏の糞を全部拭き取るように言いました。 しかし、あなたはずっとうんちをしていて、庭はまだ鶏のうんちでいっぱいです。 明日はすべてのうんちを一緒に掃除します。 鶏の糞が1つでも見つかったら食べさせてあげます!」

翌朝、修道院長は庭を横切って歩き、木の下のマットの上でぐっすり眠っているカムを見ました。 「カム、起きなさい。 立ち上がる。’ ‘かしこまりました。’ 「カム、私は朝に戻ってきます。 今日、あなたはすべての鶏の糞をきれいにしなければなりません。 そして、私が言ったことを覚えておいてください。鶏の糞が1つでも見つかったら、それを食べるでしょう。」 ‘かしこまりました。’

そして、それが甘い味がする場合はどうなりますか?

カムはアイデアを思いついた。 彼は台所に行きました。 パームシュガーをつかんで火にかけました。 彼は焦げた砂糖を取り、それを鶏の糞のような形に練りました。

翌朝、修道院長が戻ってきました。 「おかえりなさい、サー、あなたの旅行はどうでしたか?」 「元気です、ありがとう。 カム、私が言ったように、あなたはすべての鶏のたわごとを一掃しましたか?」 ‘O? ほら、私は何かをしなければならないことを知っていました。 忘れてた!’ 「カム、今あなたは私からレッスンを受けています。 私はあなたがそれを一掃しなければその鶏のたわごとを食べるつもりだとあなたに言いました。 カム、今あなたは鶏の糞を食べるでしょう!」

カムは鶏の糞を手に取り、口に詰めました。 彼は歯を食いしばって汚い顔をした。 しかし、その後、彼のしかめっ面は変わりました。 彼は笑いました。 「うーん」とカムは言った。 「これは悪くない。 悪くない、全く。’ 彼は別の作品を手に取って食べました。 「ええ、鶏の糞は実はかなり甘いです」と彼は唇をなめました。 彼はさらにいくつかを拾い、それらをすべて食べました。 「これは素晴らしい食べ物です。 あなたもやってみませんか?」

「あなたは私が狂っているとは思わないでしょう? 私は鶏の糞を食べません」と修道院長はカムを見ながら言った。 ‘あなたが欲しいもの。 それは本当に良いことです。」 カムはもう少し手に取って、それを美味しく食べました。 「本当に味わいたくないの?」 ‘うーん。 たぶんちょっとしたおやつ。」 カムは修道院長に小さな断片を与え、彼はそれを嗅いだ。 「臭いはしません。」 そして、修道院長はそれを味わいました。 「まったく悪くはない」と修道院長は言った。

「ここに、別のものがあります…..」彼らは完全にいっぱいになるまで一緒にいくつかの部分を食べました。 「とても美味しかった、カム。 鶏のうんちがこんなに美味しいとは思いもしませんでした。 よし、今私に耳を傾ける。 そのうんちをすべて一緒に掃き、大きな皿に置きます。 朝はお茶と一緒に食べます。」

今回、カムは庭全体を楽しく掃除し、鶏の糞をすべて集めました。 そして翌朝、彼は鶏の糞でいっぱいの大きな皿を持った木の下に座っていました。 修道院長はすでに到着していました。

「カム、私があなたに言ったように、あなたがすべてのうんちを一掃したのを見ます。」 「はい、そうです。 これがあなたの皿です。」 修道院長は皿から一片を取り、それを食べ始めました。 「ガディバ!」 修道院長はそれを吐き出し、うんざりしました。 「それはひどい味です。」

「その時、あなたは何を期待しましたか?」 カムは言った。 「あなたは鶏のうんちを食べます……。」

出典:Lao Folktales(1995)。 ErikKuijpersの翻訳と編集。


評価: 5.00/ 5。 1票から。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here