あなたはタイですべてを経験します(211)

0
16

タイの読者が今日経験した、特別な、面白い、注目に値する、感動的な、奇妙な、または普通の何かについて投稿する一連の物語の中で、ハンディハリーかどうか…?


便利なハリーかどうか…?

私は結婚して元気で、メコン川のナコホンファノムから17キロ離れたバンクハプンノイアのイサーンの中心部にある義理の人を訪ねていました。

私はいつも自分より数年若い義父を知っていました。おそらくタイでは、人々がはるかに若い女性と二度目の結婚をしようとしているというより一般的な事実です。 私の元によると、彼の若い頃、彼はかなりローファーでドンファンであり、仕事はあまり好きではありませんでした。 彼がもう一度ガラスを深く見すぎて外で眠らなければならなかった場合、彼は時々彼の妻によって家へのアクセスを拒否されるでしょう!

私が見たのは、近所の人たちのためにたまに美容院で遊ぶことだけでした。 このために、彼はベークライトケーシングを備えた非常に強力なクリッパーを使用しました(若い読者の場合:レオヘンリカスアーサーベークランドは、とりわけベロックスフォトペーパーとベークライトを発明したベルギー系アメリカ人の化学者でした。ベークライトは安価で用途の広い素材であり、は、これまでに製造された最初の合成ポリマー(Wikipedia)であり、現在のプラスチックの前駆体です。

それらのクリッパーは彼がそれらを必要としていたものに完璧でした、しかしある日…ああ、その主要なものは機能しなくなりました! 農地で退屈していて、何かで忙しくしているので、それを取り上げました。確かに、どこかでそれを開けることができる小さなドライバーを見つけました。 今何が判明しましたか? どこかで何かをブロックしていたベークライトの小片が内部のどこかで壊れていました。 その部分を取り外してケースを元に戻すと、物事は再び完全に機能しました! はは。

これまでのところ特別なことは何もありませんが、数日後、村の別の人が壊れたテレビを持って到着しました!!! はは。 どうやら、すべての電気機器を修理できる「ファラン」が訪れているというニュースが広まっていたようです。

残念ながら、私は人々が考えていた「便利なハリー」ではなかったので、彼のテレビを持って家に帰らなければなりませんでした…..

JanScheysによって提出されました


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here