エアアジアCEO:「政府はオミクロンの変種をめぐるパニックサッカーを止めなければならない」

0
10

AirAsiaGroupのCEOであるTonyFernandesは、新しいOmicronバリアントの到着に過剰反応するのをやめ、代わりにPCRテストのコストを削減することに焦点を当てるよう政府に求めています。

「それは大きな過剰反応です。 この亜種についてはまだ何も知りません。 パニックモードに入る前に、待って見てみましょう」と語った。

「現在、世界は異なっています。以前の突然変異よりも、オミクロンに対処するための設備が整っており、準備も整っています。 Covid-19に対する薬があり、抗ウイルス薬もファイザーから来ています。 私たちはワクチン接種を受けており、ブースターが利用可能です。 私は楽観的です、それはすべての運命と暗闇ではありません。」

タイは当面、封鎖を課すことはありません

プラユットは、新しいコロナ変異体オミクロンについての懸念にもかかわらず、タイは即時の封鎖を復活させないと述べた。 ただし、娯楽施設の反コビッド対策を緩和するためのスケジュールは、さらに1か月延期される可能性があります。 タイは、世界の少なくとも24か国で現在発見されている亜種に警戒しています。

プラユットによると、オミクロンの亜種はタイではまだ確立されていません。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here