オミクロンへの過剰反応に不満を持っている航空

0
6

(360b / Shutterstock.com)

航空券の売り上げは、オミクロンの亜種の急速な普及に対する政府の「誇張された」反応のために崩壊しました。 それがIATAのCEO、ウィリー・ウォルシュの見解です。 彼は、各国は主に国境閉鎖、「過剰な」検査、検疫などの効果のない措置を使用していると述べています。

ウォルシュは、そのような旅行制限はウイルスの国際的な広がりにほとんど影響を及ぼさないと主張します。 実践は過去2年間ですでにこれを示しています。 政府の「パニックモード」により、12月と1月上旬に販売された航空券ははるかに少なくなりました。

「これらの措置は人々の生活と生計に大きな負担をかけます」とウォルシュは言いました。 「私たちの経験から学ぶ必要があるなら、今年の初めに航空のために飛ばされることにもっと注意が払われることを願っています」と彼はIATAからの最新の乗客数に応えて言いました。

このデータは2021年11月のものです。これは、業界団体が全体像を把握している最後の月だからです。 当時、航空券の需要は、各国のコロナウイルスの緩和に支えられ、順調に回復しました。

11月の需要は2019年のレベルを47%下回りました。1か月前の需要はほぼ49%下がっていました。 IATAは、2020年の最初のコロナ年との比較ではあまりにも歪んだ画像が得られるため、乗客数を2019年の乗客数と比較します。

出典:Luchtvaartnieuws.nl


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here