オランダは、シェンゲン協定加盟国以外からの旅行者に対して、より厳しい入国規則を導入しています

0
8

(verzelenberg / Shutterstock.com)

水曜日から、タイなどの非シェンゲン協定加盟国からオランダに来る旅行者には、より厳しい入国条件が適用されます。 誰かが完全にワクチン接種されていたり、最近コロナから回復したとしても、陰性の検査結果を示さなければなりません。

テストプルーフは、最大48時間前の陰性PCRテスト、または出発の最大24時間前の迅速テストです。 厳格な入国規則はEUの他の地域にも適用されますが、来週の水曜日にオランダで導入される予定です。

さらに、非常にリスクの高い地域(タイを除く)に分類されるすべての国からの旅行者は、水曜日から10日間隔離される必要があります。 多くの場合、この検疫義務は、回復証明書または予防接種証明書を持たない人にのみ適用されます。 検疫義務は、南アフリカなどの「ウイルスが懸念される国」からの旅行者にのみワクチン接種を受けた人にも適用されます。

英国は水曜日から追加されます。 ちなみに、オランダ到着後5日目にGGDで陰性となった旅行者は、早期に検疫から解放される可能性があります。

タイからオランダに旅行するオランダ人とオランダに旅行するタイ人に異なる規則が適用されるかどうかはまだ明らかではありません。

出典:NOS


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here