タイで年金を支払い、オランダとの租税条約を締結する

0
8

読者の皆様、

以下の状況をご紹介したいと思います。これまでこのブログでお話しさせていただきましたが、さらにご意見・ご感想をお聞かせください。 私はタイのオランダ人居住者であり、最近、年金保険を給付金に転換しました。 私は、両国間の租税条約の第18条に基づいて、社会保障負担金とZWVおよび給与税の免税を申請しました。 記事はテキストの下部にあります。

保険料の免税が認められ、給与税の免税は拒否されました。 税務当局はそれ自体に基づいており、私は文字通り引用しています。 これは、デンボッシュ控訴裁判所19-08-201、11 / 00055の決定によって確認されています。 「何か」が何を意味するかについては、これ以上説明しません。 この声明はインターネットで見つけることができますが、簡単な要約を示します。

この判断では、それは事実として述べられています。 誰かが2004年12月からタイに住んでいて、2006年11月の時点で、保険料と給与税を差し引いたNLの保険会社から年金を受け取っていること。 この会社はNLに設立され、法人所得税の対象となります。 年金はオランダの利益に請求されます。

男性は保険料と給与税の免税の申請を提出し、これは2017年1月から許可されますが、2009年10月までに(理由を述べずに)新しい申請を提出する必要があり、その後拒否されます。 どうやら、2017年1月と2009年10月の期間に税務当局内で状況が変わったようです。

「租税条約」の説明では、租税条約第18.2条に準拠している保険会社の利益に対して年金が支給されるのが実情です。

質問1;

  • 延長中のこの判決に基づいて給与税の拒否を経験した読者は誰ですか、
  • 新しい申請または延長により、保険料および給与税の免税が認められた人、
  • 他のオプション?

これに加えて、以下。 私の古い方針は述べています。
「保険会社は、所得税法の第3.125条第1項第1部に記載されているように、老齢年金として保険契約者に資本を支払います」。 添付記事3.125。

第3.125条。 年金規定

1.以下は、第1.7条、第1段落、aの下で言及されている年金とみなされ、年金不足を補うのに役立ちます。

納税者に分割払いが発生する第1.7条第1項に記載の年金は、納税者が定年より5歳高い年齢に達した年までに発効します。一般老齢年金法の第7a条第1段落にあり、彼の死亡時にのみ終了します。

私は老齢年金と年金赤字という用語に焦点を当てています。 後者の用語は税務当局のサイトで見つけることができますが、私の状況にはもはや当てはまらない年間マージン計算の公式を除いて、説明されていません。
インターネット上の年金赤字を計算する方法を計算するいくつかの方法があります。 私は以下を使用します。 将来の年金給付(UPOに記載されています)とAOW(DigId)の合計が、最後に受け取った賃金の70%未満の場合、赤字になります。 私の経験では、これは年金が年金の補足として機能し、それによって保険料と給与税の免税が認められることを意味する可能性があります(ただし、多くの条件があります)。 その場合、裁判所の以前の判決は適用されません。

質問2; 読者の誰がそのような状況を知っていて、結果はどうなるか。 第18条年金と年金:

  1. 本条第2項および第19条第1項の規定に従い、過去の雇用を考慮した年金およびその他の同様の報酬は、いずれかの州の居住者に支払われるものとし、年金は、その州。
  2. ただし、そのような所得は、他の州の企業または恒久的施設を有する企業によって他の州で得られた利益に対してそのように請求される範囲で、他の州でも課税される場合があります。
  3. 年金という用語は、金銭または金銭的価値の十分かつ完全な対価と引き換えに支払いを行う義務の下で、生涯または指定された期間または確認可能な期間のいずれかで、指定された時間に定期的に支払われる定額を意味します。

心から、

1月

編集者:Thailandblogの読者に質問がありますか? お問い合わせフォームをご利用ください。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here