タイの田舎でビンロウの実を噛む

0
4

タイの田舎(イサーン)や山岳民族(ヒル族)に行ったことがある人なら誰でも見たことがあるでしょう。 赤みを帯びた物質を噛む女性と男性。

それはかなり不潔に見えます。 特にそれは歯に影響を及ぼし、それらは腐敗しているか、ほとんど黒く着色されているためです。 タイ人が噛むこの赤いものはビンロウの実(タイ語:plue)です。

ビンロウの実、ヤシの種

ビンロウの実はビンロウ(Areca catechu)の種です。 この手のひら。 高さ15〜20メートルに達することができます。 あなたはアジアでたくさん見ます。 小さな品種は西の園芸用品センターで販売されています。 ビンロウの実は実際には核果(種)であり、ナッツではありません。 ココナッツのように。 ビンロウの実は鶏卵くらいの大きさで、色は赤です。

爽快効果

ナットは東南アジアで非常に人気があります。 噛んで一定の効果を出します。 ビンロウの実は少し陶酔感を与えます。 刺激効果に加えて、それは空腹感を打ち消します。 キンマの実には、気分を促進することで知られている物質アレコリンが含まれています。 この物質は中枢神経系の機能を刺激します。 キンマを噛むことは、最終的に、寺院を通って脳に移動する口の中でリラックスと心地よい感覚を提供します。

ビンロウの使用

これは、農民や農民が重い肉体労働を軽減するために使用します。 タイでは、ビンロウの実を噛むことは、コーヒー、アルコール、タバコなどの覚醒剤として広く使用されています。 また、社会活動であり、グループで一緒に使用します。 ハーブはまた、儀式や儀式の際に仏教徒によって使用されます。

ビンロウの編集

キンマは味がとても苦いです。 したがって、噛みタバコ、クローブ、カルダモン、カバカバなどの他のハーブやスパイスと常に組み合わせられます。 この物質は生石灰とも混合されています。 石灰は、物質アレカイジンを活性物質アレカイジンに変換するため、刺激と陶酔効果を高めます。 全体がキンマの茂み(エッセンシャルオイルを含む別の植物)の葉に詰められています。

Alain Lauga / Shutterstock.com

赤色

ユーザーはパッケージを口に入れて噛みます。 唾液と混ぜると赤い物質になります。 これにより、歯と口が暗赤色になります。 得られたジュースは飲み込まないでください。 ビンロウの実の使用者は、床に無味の残骸を定期的に吐き出します。 これにより、汚れた赤い斑点が発生します。

危険がないわけではない

しばらくすると、ビンロウの実は中毒性になります。 過剰摂取は、吐き気、下痢、心拍数の増加、粘膜の炎症を引き起こす可能性もあります。 長期間使用すると、歯や歯茎に影響を及ぼします。 さらに、口の中で癌性の成長の合理的なリスクがあります。


まだ投票はありません。

お待ちください…

  1. ThailandGanger に言う

    Plueが葉で、Makがナットであることを常に理解していました。 彼らはまた私を誤解したに違いありません。 または、それは非常に多くの別の腐敗です。

    ちなみに、それを噛んでいる人を見ると、(かなり汚れている)見えません。 そのようなものを見たとき、私はまだしわがれています。 初めて、その女性が夫に口を叩かれたばかりだと思った。

    まだこれを食べているのは主に古い世代です。 私は実際に若い世代の一人がマックを食べているのを見たことがありません。

    Brrr…それもひどいにおいがします。 口から出る香りを嗅ぐだけ。

  2. サンドラ に言う

    私はバングラデシュを旅している間、毎日この儀式に遭遇しました。田舎や都市では、女性は特にこのようなものを喜びのように噛みます。私は何を見たのかわかりませんでした。顔ではありません。今ではそれが何であるかがわかります。 !!

  3. チャリオウ に言う

    いずれかのหมากがフラットで低音で長いaaで発音されるようにします。 「多く」という意味でのมากは下降音を持っています。 また、タイ語が声調言語であることも仕方がありません。
    農民と農業労働者だけがそれを利用したというのは正しくありません。 それはまた、より高いサークルで非常に人気がありました。 チュラロンコン王(ラマ5世)はそれを頻繁に使用し、ヨーロッパを訪れる前に、赤と黒の歯が人気がないことを知っていたため、歯をきれいにしました。 当時、タイの女の子は赤黒の歯で高く評価されていました。
    Makeは多くの儀式で使用され、多くの場合、精巧な儀式が行われ、それを買う余裕のある人々のために、美しく、銀色で貴重なセットが使用されました。 必要がなければ、仕事で疲れ果てて帰宅したゲストや夫に提供するのは礼儀正しいことでした。
    第二次世界大戦後の首相であるPlaegPhibunsongkraamは、かつては文明化されていないと言われていたため、その使用を禁止しようとしました(文明化はヨーロッパ人が行ったことでした)。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here