タイの2022年の観光キャンペーンは、50%のホテル占有率を達成することを目指しています

0
4

(Studio829 / Shutterstock.com)

内閣は、観光を促進するために「Visit ThailandYear2022」と呼ばれる新しいキャンペーンを承認しました。

「タイ国政府観光庁は、タイへの外国人観光客を引き付けるキャンペーンの目的を監視しています。 このための予算は、政府と民間部門の両方から入手できます。 キャンペーンはチェンマイ、プーケット、ナコンラチャシマー、アユタヤを対象としている」と語った。

TATのYuthasakSupasorn知事は、キャンペーンの目標は、対象となる州で50%のホテル占有率を達成することであると述べています。 たとえば、ホテルと航空会社が連携する特別なプロモーションパッケージがあります。

来年、TATは主に中東とインドからの観光客に焦点を当てたいと考えています。

Yuthasakは、すべての措置を講じることで、観光セクターが回復し、来年の2019年の収益レベルの50%に到達するという目標を達成すると予想しています。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here