タイはユネスコの世界遺産リストにアンダマン海岸を望んでいます

0
6

タイの内閣は火曜日に、ユネスコの世界遺産の暫定リストに含めるために、すでに自然保護区として認められているアンダマン海の沿岸地域を指名する提案を承認しました。 提案されたサイトは、ラノン、パンガー、プーケットを通り、6つの国立公園と1つのマングローブ湿地も含まれています。

政府のスポークスマン、Traisuree Taisaranakul氏によると、天然資源環境省は、パリのユネスコ世界遺産センターに提案を提出し、権威あるリストに含める予定です。 提案が承認されると、サイトは2023年にリストされます。

この敷地は、2,980平方キロメートルの土地の3分の1強、つまり1,159.55平方キロメートルを占めています。 プロットの残りの部分は緩衝地帯です。 Traisureeによると、この地域にはラノン群島国立公園にユニークなマングローブ湿地があり、驚くべき生物多様性と海岸の岩の構造や洞窟のコレクションがあります。

同じくラノーンにあり、候補地の一部でもあるレムソン国立公園は、オリーブ色のウミガメ(Lepidochelys olivacea)などの主要な海洋生物の自然繁殖および育成センターとして機能します。 さらに、この国立公園は世界初の生物圏保護区に指定されていると彼女は述べた。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here