タイビザ質問番号165/21:タイの結婚年の更新

0
18

質問者:建国の父

数日前、私は非Oビザでタイに到着しました。 最終的には「タイの結婚」に基づいて滞在期間を1年延長する予定です。 その前に、私はまだいくつかのことを手配する必要があります:結婚の登録、新しい居住地での登録、そして40万バーツを預金するための銀行口座の開設。

私の質問:私が正しければ、1年間の延長を申請するとき、その金額は少なくとも2か月間銀行口座にあるはずです。 これはまだ当てはまりますか、それとも検疫規則のためにこれらの2か月を逸脱することはできますか?

私の他の質問:年延長のちょうど2か月前にタイの銀行口座に金額を入れることができない場合(たとえば、検疫などのために6週間または7週間しか利用できないため)、それも可能です最初に短期間(30日または60日など)の延長をリクエストすることは可能ですか?

これは、検疫、結婚の登録、新しい住所での登録、銀行口座の開設、40万バーツの預金に関する時間との競争を防ぐためです。

参考までに、私は現在、10月21日まで非o(タイ人と結婚)ベースで有効な滞在をしています。


コメントRonnyLatYa

1.公式ルールは、実際に申請の2か月前です。 原則として、口座開設にはまだ十分な時間があります。 最初に隔離されたとしても。 しかし、彼らがその期間から逸脱したいかどうかは、入国管理官に依存します。

2.既婚者として、あなたは確かに60日の延長を得ることができます。 公式にはそれはあなたの妻を訪問することです。 通常、彼らはあなたのお金が十分に長くない場合は彼ら自身も提案しますが、あなたが検疫から出てすぐにその口座を開設し、それに必要な金額を置くようにしてください。 すぐに大丈夫ですか?

幸運を。

–ロニー自身にビザの質問がありますか? お問い合わせフォームをご利用ください! –


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here