タイ人、質素な人々

0
8

もちろん、多くのタイ人は賢明な以上のものを借りています。 多くの場合、(高すぎる)車の場合ですが、たとえば子供たちの研究、肥料の購入、中小企業の立ち上げ、または予期しない費用のために、必要がない場合もあります。

また、イメージに影響を与えるのは、タイ人が現在を超えて見ないラウンドを定期的に行うストーリーであり、少なくともコビッド危機の前に大きな収入を持っていたが、お金が同じであるバーメイドについてのストーリーで示されています簡単にドアから飛び出しました。 しかし、ほとんどのタイ人はお金のために一生懸命働かなければならず、したがって、平均的なファランが実現する以上に、お金の価値を実現しなければなりません。 そして、彼らの環境では、老後は月に600バーツで済まなければならない人々や、生活の後退や貧弱な社会福祉のために座礁している人々の数え切れないほどの例も見られます。 それらのタイ人は、可能であれば時々何かを脇に置くことによって、そのような災難から身を守りたいと思っています。 その例をいくつか挙げます。

たとえば、月収10,000バーツの助教を知っています。 彼女は質素な生活を送っており、まだ両親と暮らしており、子供もいないので、彼女には十分すぎるほどです。 彼女は週に数回、収入からお金を、火事で家を失った人々から飢えている象、そしてもちろん必要な仏教施設に至るまでの慈善団体に寄付しています。 彼女はまた、教師としてアクセスできる4%の収益を伴う政府基金に投資しています。 彼女は株式にも投資したいので、現在投資コースを受講しています。 私はまた、彼の最終学年にあり、すでにいくつかの株を購入している学生を知っています。 もちろん、これらは2つの例にすぎませんが、お互いに独立して、尋ねられることなく、両方が私にこれを言ったことは驚くべきことです。 おそらくタイの若者の間で良い教育を受けている傾向です。

お年寄り

私の環境(イサーン)で株式に投資している高齢者の例をあげることはできません。 彼らはしばしば異なる方法で保存します。 たとえば、夫の収入が3万バーツと推定され、美容師としての妻の収入が最低収入を上回っている老夫婦を知っています。 車を購入することに加えて、彼らは時々彼らの老後の安全のためにいくつかの土地を購入します。 しかし、彼らがそうする手段を持っているならば、普通の農民家族もこれをします。 たとえば、田んぼの耕作に加えて、男性がトラックの運転手として働き、妻が地元の市場で野菜を売っている家族がいます。 しかし、彼らは時々余分な土地を購入することもできます。

しかし、間違いなくタイで最も人気のある退職条項は金です。 そして、それにはいくつかの理由があります。 たとえば、田舎には銀行の支店がほとんどなく、田舎に住む多くのタイ人はほとんど都市に来ません。 その後、金は銀行口座の良い代替手段として使用されます。 ウボンだけのような州都には、金を売買できる金の店が数十あり、コインの場合は売買価格の差が約3%で、人気のあるチェーンの場合はわずかに高くなります。 その金は質屋で一時的にお金と交換したり、知人からのローンの担保として利用したりすることもできます。 たとえば、私たちはかつてローンの担保としてゴールドチェーンを受け取りました。 そのような担保であなたはもちろんあなたがあなたのお金を取り戻すことを保証することができます。 金は、もちろん価格変動の影響を受けますが、安定した投資として約3000年にわたってすでに証明されています。 ちなみに、今世紀のどの証券取引所よりも金のリターンが高いことを誰が知っていますか? そして、多くの中央銀行が現在行っている実に極端な措置により、その傾向は今後数年間続くと予想できます。

ゴールド

平均的なタイ人の金の所有権を疑う人は誰も注意を払わず、ここ数ヶ月で金の店の行列を逃しました。 それらの列の人々は彼らの金を売るためにそこに立っていました、そして彼らが金を買うために残っているお金がなかったのでいくつかの金店が閉まらなければならなかったほど供給が大きかったです。 その金は最終的にはとりわけスイスに売却され(タイは通常金の輸入国であるが)、タイの中央銀行によれば、当時のタイの貿易収支のプラスに大きなシェアを占めていた。バーツの著しく高い為替レートさえもたらしました。 バンコクポストは、高い金価格から大量の金が供給されていると述べました。 タイの人々は、金が安いときに購入し、高いときに売るでしょう。これは、上昇がしばらく続いた後にのみ購入する多くの欧米の投資家とは異なります。 バンコクポストは間違いなく正しいですが、それは部分的な説明にすぎません。

売上の最大のシェアは、間違いなく、困難な時期に金の資源としての機能に対する金の所有者の訴えでした。 そして、ここ数ヶ月、多くのタイ人にとって時代は厳しく、生き残るために金の一部を現金化することを余儀なくされました。 金は主に投資ではなく、挫折を吸収するための信頼できる保険だからです。 一部のエコノミストが予想するように、90年前にワイマール共和国で起こったように、ハイパーインフレーションが西側世界に打撃を与える場合、その保証は非常に貴重であることが証明される可能性があります。 そして、その期待は、現在の極端な資金創出と、中央銀行が多くの政府、企業、個人の現在の債務ポジションでは金利をそれほど引き上げることができないという事実に基づいています。 40年前にインフレが頭角を現したとき、たとえば、政府債務と住宅ローンの金利をオランダでは13%に、英国では20%以上に引き上げることで、インフレを抑えることができました。 そのような緊急措置はもはや不可能です。 ハイパーインフレーションが発生した場合(私は予想もしていませんし、予測もしていませんが、除外もしていません)、タイの稲作農家は、食料生産者としての立場と金の保有で幸運です。 そして、その価値のないユーロ、円、ドル、またはポンドのファランは、しばしばその稲作農家に依存するでしょう。 その後、役割が大幅に逆転します。 私たちがいつか彼らをひどく必要とするかもしれないので、今私たちのタイの仲間に親切にする追加の理由。

不合理なローン

最後に、タイの稲作農家からの不必要で不合理な融資の例。 平均的なタイ人が無責任な融資を行っていることを証明したくはありませんが、不合理な行動の動機は平均的なファランの動機とほとんど変わりません。 問題の稲作農家は、たとえば車がないなど、裕福ではありませんでしたが、間違いなく彼をかじったのは、農家の妻と2人の娘に加えて、4人の家族のそれでした。彼は家族の収入に最も貢献していませんでした。 。 さらに重要なことに、彼は若い女性に目を向け、彼女に感銘を与えたかったのです。 彼は農業機械を購入することを決心しました。もちろん、それは妻の土地を担保としてローンで賄われる必要があります。 彼の妻はそれに反対しましたが、結局は諦めました。

お金を借りるという話もありましたが、問題の村にはすでに十分な農機具があり、かなりのお金だったので、妻は無責任だと思いました。 農家はようやく資金を集めることができ、2年後のことです。 幸いなことに、最近まで、彼らは期限内に返済と利息の支払いを行うことができましたが、現在、支払いが遅れたり不十分だったりするため、利息がペナルティになるリスクがあります。 私の妻は彼女の心に手をかざしました-幸いにもそれは大量ではありませんでした-それで彼らはもう一年安全です。 そして稲作農家? 彼女が今妊娠しているので、彼は確かに彼のガールフレンドと一緒に成功しましたが、その間に彼女は農業機械を所有することはあなたが人生で成功することを意味する必要はないことも知りました。

そのようなことは典型的にタイ人ですか? いいえ、私の高校の歴史の先生は、「女性を見つける」という意味を意味する「cherchez la femme」というスローガンで、多くの支配者の行動をすでに説明しています。 ジュリアスシーザーからフランスの王まで、彼は彼らの環境にいる女性を指すことによって、時には非常に奇妙な決定を彼らに説明することができました。 ちなみに、その叫びは歴史家からではなく作家から来ていますが、これはさておき。

その奇妙な行動はフランスの王に限定されていません。 たとえば、知人はかつて大胆な気分で私に、彼の若い頃、彼が非常に近くで見た若い女性の好意を勝ち取るチャンスを増やすためにおそらく絶望的な試みで体重を減らすために何マイルも走っていたと言いました。 。 そして、女性の支持を得るために彼が愚かなことをしたことを男性が否定することは何でしょう。 詳細には触れませんが、私は確かにそうしません。

私たちの読者に尋ねてください:女性もとても非合理的ですか?


まだ投票はありません。

お待ちください…

  1. マイク に言う

    素晴らしい記事ですが、株式市場は金の場合のように価値の増加だけで構成されているのではなく、配当を考慮に入れると、まったく異なる状況が得られます。 過去50年間のトータルリターン株価指数:

    株式市場:13.611%
    ゴールド:4.772%

    それはかなりの違いです。 出典:https://www.longtermtrends.net/stocks-vs-gold-comparison/
    「配当を含む:トータルリターン株価指数」のチャートを1つ下にスクロールします。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here