タイ北部での4週間のバランス(読者の提出)

0
4

サラフィ

数週間前、私はここでタイへの旅行を書きました。 今、私は私の滞在の在庫を取りたいと思います(残り4週間と3週間)。

何よりもまず、私はサラフィ(チェンマイから10 km)とその周辺地域での滞在についてしか話すことができません。 私が最初に驚いたのは、タイの人々がCovid-19の問題に非常に穏やかに対処していることです。 優しさが特徴です。 レストランやコーヒーショップを開くことになると、あまり変わっていません! まだ開いていないものもありますが、そうなることを期待しています。 地元の市場はおそらくより少ない占有率で継続するでしょう。 年末の祝祭は以前と同じように行われ、花火と爆竹は早朝まで続きました。
ドイステープのような古典的な観光スポットに関しては、観光客は少なく、特に中国人はいない。 庶民の経済はだんだんと回復している気がします。

チェンマイでは、ナイトバザールはまだ閉鎖されており、その結果、市内中心部も死んでいます。 美術館は特定の時間に開いています。 ハーゲンダッツ(アイスクリーム)のような店でさえ、彼らのドアを閉めました。

一部の企業は価格を引き上げましたが、50バーツのパッタイは現在55バーツです。 それは私のレストランへの訪問には影響しません。 私はタイへの旅行をするために努力したことをうれしく思います。 あと3週間楽しんでから、できるだけ早くタイに戻る飛行機に乗ることを期待して家に帰ります。

とにかく旅をしてタイの人々を応援するための事務処理に人々が躊躇しないことを願っています。

また後で。

ウィリー(BE)によって提出された


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here