タイ南部の短編小説(5):Phikul Thong

0
20

かわいそうな少女と養母の怒り。 新しい装いの古い物語。 そして、「すべてがすぐに来る」でしょ?

フィクルは美しい少女です。 それだけでなく、彼女は良い心を持っています。 しかし、彼女の母親は幼い頃に亡くなり、すでに娘をもうけている継母であるマリに世話をされています。 彼らは2つの邪悪な愚痴であり、フィクルは彼らのために一生懸命働かなければなりません。

ある晴れた日、フィクルは家の近くの川から水を汲むために送られます。 それから彼女はぼろぼろの老婆が近づいて水を懇願しているのを見る。 「飲みたい分だけ飲んで洗ってください。たくさんあります。」 老婆は感謝しています: ‘あなたは美しくて甘い女性です。 私のような貧しい女性でさえ、あなたを優しく扱います。」 それから老婆はフィクルに願い事をします。 フィクルが何かを好きになるか誰かが好きになるたびに、金色の花が彼女の口から出てきます。 タンジョンの木の花。 すると突然、女性は薄気味悪い空中に姿を消した…。

彼女が家に帰ると、彼女の継母は彼女に愚痴を言う。 彼女は通りを歩き回ったのですか? しかし、その後、フィクルは老婆について話し、自発的に彼女の口の中に金色の花を手に入れます。 熱心な継母はすべての金色の花を手に取り、フィクルにもう少し話をするように促します…。

金は市場で販売されています! 家族は今や裕福で、フィクルはもうそれほど一生懸命働く必要はありません。彼女が話し続ける限り…。

しかし、そのすべての話はフィクルに喉の痛みを与え、それ以上花は来ません。 ステプマは繰り返し彼女を殴りますが、フィクルは話すことができません。 金はもうありません!

だから今、それは娘マリの番です。 彼女は母親からフィクルが老婆と出会った場所に送られるが、木の下に身なりのよい美女が立っているのが見える。 そして彼はマリに水を頼む。 彼女は拒否します! 彼女はそのきれいな女性に嫉妬し、水を与えませんが、大声で彼女を呼びます。

不運! その女性は魔法の力を持っていて、マリを呪っています。 マリが怒るとすぐに、ワームが彼女の口から出てきます。 家に帰ると、彼女は母親に全体の話をし、家全体が虫でいっぱいになるほど精力的になります! 母は今怒って、フィクルを家から追い出します……。

彼は森の中を孤独で悲しそうに歩き、白い馬に乗って若い王子に出会う。 彼は彼女に全体の話をするように頼みます、そして突然全体が金色の花でいっぱいになります……そして彼は彼女の手を求めます……

ソース: インターネット。 タイのPhikulThong(พิกุลทอง)。、インドのバクラでは、他の名前はMimusops elengi、Bullet wood、Tanjong tree、Medlar、SpanishCherryです。 仏教で神聖な花を咲かせる木です。 ジャイナ教とヒンドゥー教では、花はガネーシャへの贈り物であり、薬効があります。 タイのヤラー県は花を独自のものにしました。 皮ひもは(の)金を意味します。 この民話の他のバージョンもあります。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here