タイ南部の短編小説(7):星に書かれている…..

0
19

それは、太陽、月、惑星の間で常に平和で静かであるとは限りません。 憎しみと嫉妬もあります!

信じられないかもしれませんが、今や空に輝く太陽、月、惑星はかつては普通の人々として暮らしていました。 本当にそして本当に!

惑星木星は隠者として生まれ、太陽は大都市の王子として生まれました。 隠者は賢明で学識のある人です。 王子は彼と一緒に勉強し、彼が必要とするすべてを学びます。 最後に、彼は優等生と優等生で卒業します。 そして、彼が彼の街に戻る前に、木星は彼を招待し、彼にプレゼントを与えます:美しい若い女性、ヤン。 彼女は今月です。

サンプリンスとムーンビューティーは結婚し、宮殿で一緒に幸せに暮らしています。 それから、太陽の王子は隠者の木星への公式訪問をすることに決めます、そしてもちろん彼の妻ヤン、月を彼と一緒に連れて行きます。

しかし、太陽、月、惑星の間には悪役が住んでいます…..

木星の家での最初の夜、邪悪で不謹慎な詐欺師が月の寝室に忍び込みます。 火星です! 彼は一連のトリックでマーンを誘惑します。 そして、太陽の王子は隠者の木星からこれを聞いて、彼は非常に怒って火星に死の決闘を挑む。

それは地獄のような戦いになるだろうし、人類は火星が彼の剣を捨てて逃げるまでそれは決して終わらないと考えている。 彼は地球上で二度と見られなかった…

太陽、月、惑星の間の悪と裏切りのこの悲しい物語は、木星と太陽が親友であり、月と火星が友人である理由です。 木星と太陽は火星と会うことはなく、太陽は二度と月と話すことはありません。 それだけです、ただ聞いてください。 誰かに聞いてみれば、彼らはあなたにこの話をするでしょう…..

ソース: インターネット。 一連の物語は、ソンクラー王子大学の講師であるハジャイのロッド・ノーマンと、ラジャバト・ソンクラー大学の講師であるケビン・マーシャルとその学生によって編集されました。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here