テレビが壊れた、タイは本当に使い捨て社会なのか?

0
6

読者の皆様、

ばかげている。 それは本当にタイの使い捨て社会ですか? 2014年にスーパーテレビを購入しました。 以前にSamsungTVを持っていましたが、それでもうまく機能しましたが、40インチと小さかったです。 私たちの寝室では、16歳の今でもうまく機能しています。

新しいテレビは、Powerbuyで17万バーツの費用がかかる、65インチの湾曲したトップモデルでした。 当時売りに出されていたのは最高でした。 美しい画像。 ところが、去年の8月に突然明かりが消えました。 コミュニケーションはサムスンとのドラマでした。 ついに12月20日(!)4ヶ月後(!)に整備士がやってきた。 サムスン本社から情報を受け取っていない人。

私は彼らに写真とすべての情報を送りました。 テレビには接続ボックスが1つあります。 壊れた、回路基板。 私はすでに自分自身に気づきました。 そのボックスのファンは数秒後に停止しました。 本社はそれを知っていました! 整備士はテレビをテストしましたが、それ以外は問題ありませんでした。 ただし、接続ボックスが1つないと機能しません。

しかし今、それはやってくる:回路基板はもはや在庫にない! サムスンによると、世界中ではありません。 それで、私は7年の使用の後にテレビを捨てるべきですか? サムスンによると、他に何もすることはありません。

Thailandblogの読者の中に、プリント回路基板について知っている人はいますか? それとも修理できますか? そのために私が書いた修理会社がいくつかありますが、彼らは答えません。

挨拶、

ヘンク

編集者:Thailandblogの読者に質問がありますか? お問い合わせフォームをご利用ください。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here