フィンエアーはバンコク、プーケット、クラビに飛ぶ。この冬

0
19

フィンエアーのエアバスA350がプーケットに着陸(Zhorov Igor / Shutterstock.com)

フィンエアーは、2021年から2022年の秋冬シーズンの計画を発表しました。 フィンランドの航空会社は、とりわけ、遠くの太陽の目的地への70の定期便で飛んでいます。 印象的なのは、バンコク、プーケット、クラビなどの目的地でタイに多くの焦点が当てられていることです。

Finnairの最高商務責任者であるOleOrvérによると、計画のほとんどは、顧客のお気に入りの目的地とホリデーシーズンを考慮に入れています。 そのため、この航空会社はマイアミへのフライトを再開し、タイ、南ヨーロッパ、スカンジナビアへの優れた接続を提供します。」

出典:Luchtvaartnieuws.nl


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here