プーケットの後、サムイ、クラビ、ピピもワクチン接種を受けた観光客のためにオープンします(変更される可能性があります)

0
26

プーケットの後、いくつかの観光地もワクチン接種された外国人観光客に開放されますが、国内感染の数が増えると、タイは小さな島への旅行を制限すると、フィファット・ラチャキットプラカーン大臣(観光とスポーツ)は言いました。

タイで最も人気のある観光地であるプーケットは、7月1日木曜日から最初のワクチン接種を受けた外国人観光客を受け入れます。 サムイ島は7月15日から海外からの訪問者に開放され、8月からはクラビとパンガーの観光地が続きます。 そして、十分な数のタイ人がワクチン接種を受けていれば、国の計画された全国的な再開は10月に続くでしょう。

「プーケット、サムイ、ピピはすべて小さな島であり、状況に応じて当局が迅速に行動することができます」と彼は言いました。 大臣は、ウイルスクラスターと戦うために、タイの国境は今後数ヶ月で再び閉鎖されることを除外します。

「外国人旅行者のために再開するこの時点に到達するのに非常に時間がかかり、それはトリッキーなルートだったので、私たちは国境を再び閉鎖したくない」とフィファットは月曜日のインタビューで言った。 「私たちはプーケットとサムイを開いて、外国人がタイの島々がきれいでウイルスがないことを確認できるようにしたいと思っています。」

観光客の大きな流れではありません

大臣は、検疫義務を放棄することが観光客の大規模な流入につながるとは考えていません。潜在的な訪問者は、100,000ドルのCovid保険や複数のテストの費用などの多くの追加要件によって阻止される可能性があるからです。 観光省は、今後3か月で約10万人の観光客がプーケットを訪れると予想していますが、同セクターはすでに約2万件の予約を受け付けていると述べています。

「Covid-19パンデミックの間にタイに休暇で行くことはかなり高い値札が付いてくるでしょう、それでここに来ることを選ぶ人々はその費用を負担することができるはずです。」

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here