ベルギーの「問題のある道路に架かる橋」

0
28

ベルギーの「問題のある道路に架かる橋」(Nut Witchuwatanakorn / Shutterstock.com)

かつてバンコクのラマIV道路の混雑を緩和するために建設されたタイ・ベルギー友好橋には、色鮮やかな歴史があります。 バンコクメトロポリタンアドミニストレーションのJumpolSumpaopolは、橋がどのように建設されたかを誇らしげに思い出します。

ジュンポン氏は、25年前の夜の橋の建設を忘れられない出来事にした当時の模範的なコラボレーションを今でも橋の中で見ています。 390メートルの長さの高架橋の最初の建設はその後1日もかかりませんでした。 Jumpolは、ベルギー政府、タイ当局、および関係する起業家の前例のないレベルの協力と協力について話します。これらの協力により、橋の建設がすぐに可能になりました。

1986年、ジャンポルは当時の政府であったバンコクの公共事業の課長を務めました。 プレムティンスラノンダは、ラマIV道路の混雑した交通流の解決を熱望しています。 その後、バンコクには今日よりも道路やその他の施設が少なくなりました。 バンコク中心部のラチャディピセック環状道路はまだ準備ができていなかったが、タルエアからバンナー、ディンデーン、ダオカノンまでの高速道路はほんのわずかしかなかった。 RamaIVに当時存在していた問題の解決は容易ではありませんでした。

それからベルギーは救助に来た最初の外国でした。 ベルギーでは、交差点の多数の鉄高架橋がトンネルに置き換えられ、タイ政府は、タイで再び高架橋として使用されるこれらの高架橋の金属部分に関心があるかどうか尋ねられました。 「ベルギーのこれらの鉄橋は、迅速に建設できるように建設されましたが、迅速に移動することもできました。 短時間で高架橋を建設できる技術でした」とJumpol氏は言います。

タイ政府はその申し出を受け入れ、ラマ4世とサソンの交差点にフライオーバーを建設することが決定されました。 ベルギーで彼らは仕事を始め、「ViaductLeopold」と呼ばれる高架橋が解体されました。 27トンのトラックの重量にも対応できるように修理や部品の補強が必要でしたが、1988年1月にすべての部品を持ってタイに到着しました。

その間、必要な基礎工事は、タイ・ベルギー友好橋と名付けられた4車線橋の組み立てのための基礎杭でバンコクで行われていました。

「私たちは1988年3月21日の午後4時30分に集会を開始し、翌朝の正午までに仕事を完了しました」とJumpol氏は言います。 「組み立てには19時間しかかかりませんでしたが、街灯柱の設置、道路標識の設置、橋の収容力のテストなどの追加作業により、総建設時間は72時間に増加しました。 橋はベルギー政府からの支援の象徴であるだけでなく、プロジェクトに関与したタイの役人やビジネスマンからの友情のしるしでもあります。」

このプロジェクトでは、タイ電力局とタイ港湾局が160トンから200トンの重量の材料を持ち上げることができるクレーンを提供し、エンパイアとサハチョットベトンの2社が300人以上の技術者と建設業者をプロジェクトに派遣しました。警察は邪魔されない仕事のコースを確保した。 ジュンポン氏は市庁舎に代わってこのプロジェクトを監督しました。

今日、橋はもはや時代の要件を満たしていません。 当局は、10年間の忠実なサービスの後に橋に新しい外観を与え、とりわけ金属部品をコンクリートに置き換えることを決定しました。 この長期間の使用の後、金属表面は滑りやすくなり、今日の道路交通の要求に対してより耐性のあるコンクリートが選択されました。 その後、数十年前の歴史的な橋が再び道路交通に利用できるようになります。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

  1. RonnyLadPhrao に言う

    私が間違えなければ、タイ・ベルギー友好橋のテキストが側面に描かれています。 実は、ベルギーとタイで同じ橋を渡ったと言えるのはとてもおかしいです。

  2. プラタナ に言う

    確かに私は橋から100m(シトロエン-イゼルプレインの隣)で働いていましたが、それは非常に昔のことで、家に帰るには毎日ロジェプレイン-ボタニックに向かって登らなければなりませんでした!
    当時のブリュッセルでは、すべて腐っていましたが、バンコクほど悪くはありませんでした。毎年、短すぎる休暇の後に帰りの旅を始めるバイヨークスカイでは、それに飽きることはありません。

  3. グリンゴ に言う

    ベルギーの読者にとって、その橋がベルギーのどこから来たのかを知ることは興味深いかもしれません。
    KoekelbergのウェブサイトでHetNieuwsbladから次の話を見つけました。
    http://www.nieuwsblad.be/article/detail.aspx?articleid=G6A746JB

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here