ホアヒン小さいけれどいい

0
10

2021年3月以来、私はバンコクから小さなホアヒンに引っ越しました。これは、パンデミックによる割り当ての喪失とコストの増加もあり、オランダに戻るという選択にほとんど直面しました。まだタイに滞在する機会。

私はホアヒンに拠点を置くビジネス関係を通して助けられ、彼は私にここに滞在して私の活動を続ける機会を与えてくれました。 ホアヒンに定住できてとても安心しました。タイに8年間住んでいて、とても喜んでいるのなら、帰るのが最後の選択肢であり、そこでは幸せではないことを知っていたからです。

可能性を調査するために2月にホアヒンに数回行った後、ホテルのレストランSay Cheeseで夜を過ごし、このバーでオランダの雰囲気と多くの接触をしました。 オーナーのMartijnがCovidの前にこのレストランを買収したばかりですが、すべてが停止して売上高が失われた場合、それはあなたを幸せにしないことを理解しています。 Martijnにとって幸いなことに、Say Cheeseには、ホアヒンのオランダ人コミュニティがよく参加しています。 ユーモアと喜びは常にそこにあり、たくさんの笑いがあり、私たちは皆、このパンデミックの時代にそれを必要としています。

私はホアヒンでの生活を9か月間楽しんでおり、フットゴルフやカートなどのSay Cheeseが主催する活動を通じて、多くの人々に会いました。 先週の土曜日には13チームが参加したパズルライド​​があり、ホアヒンの美しい環境を楽しんだり、たくさん見たり、ワイルドライフフレンズファンデーションなど、絶対に帰る場所に行きました。 参加された皆さんはとても素敵で楽しい日/夜を過ごされたことはほぼ間違いありません。 あなたはこの種のイベントを協会から期待していますが、ホテルのレストランからは期待していません。 彼らが成功した日を作るために多くの時間とエネルギーを投資した組織への称賛。

Say Cheese(写真:Facebook)

毎年のように、シンタークラースは常にピエテンメンと一緒にホアヒンに到着し、12月4日に多くの小さな子供たちに素敵なプレゼントを贈ります。 今年は、オランダの抗議や議論のない本物のズワルテピエテンがあり、それは時々変化にとって良いことです。 これは小さな子供を持つ外国人コミュニティにとって伝統的なオランダのパーティーの楽しみであり、私たちの間の年長の子供たちにとっても非常に素晴らしいので、私はそれを楽しみにしています。 12月頃、懐かしさを感じながら子供の頃を振り返ることがよくあります。

ホアヒンでの9ヶ月の快適な生活の後、私は多くの人々に会いました。 私はオランダではなくここに住んでいることに感謝しています。 私はホアヒンのすぐ外の自然環境、きれいな空気、定期的な心地よいそよ風、家の周りで放牧している牛、ビーチ、海などの距離に住んでいます。 私がタイに初めて来たときの感覚は、あなたの周りの暖かい毛布のように感じ、すぐに家にいるように感じました。また、ホアヒンにオランダの隠れ家があり、いつでも歓迎されているのもいいことです。とても気持ちがいいです。

ホアヒンを長く楽しんで、誰でも、どんな主催者でも楽しいアクティビティやイベントを楽しみにしています。 皆様の12月のご多幸をお祈り申し上げます。

ピーターによって提出された


評価: 5.00/ 5。 3票から。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here