ラオス民話による民話「強さのテスト」

0
17

そこにウサギがジャングルを飛び越えます。 彼はいじり回しているような気がして、強さのテストを発明します。 だまされる最初の候補者:サトウキビをむしゃむしゃ食べる象。 「象おじさん」 「誰がそこに電話しているの?」 象に尋ねます。 ‘NS。 ここで、象おじさん!」

「ああ、あなたはバニー。 とは?’ 象は頭を少し下げて耳を傾けます。 「象おじさん、あなたの足にロープを結んでもいいですか?」 ‘どうして?’ 象は言います。 「エレファントおじさん、力の試練に挑戦します。 私はあなたを川に引き込むつもりです。」

‘おい! あなた、バニー、私、象をその川に引き込みたいですか? ハッハッハは象を見つけます。 「あなたは私を恐れていませんか?」 「ははは、私? うるさいバニーが怖いですか? OK、私はあなたのゲームに参加しています。 さあ、そのロープを私の足に結びなさい。」 そしてウサギもそうです。 「まあ、象おじさん、引っ張らないで、最初に引っ張るよ。」 ‘はい、もちろん! しかし、私があなたが引っ張るのを感じることを確認してください。 ハハ!」 そして象は食べ続けます。

そして、キャットフィッシュおじさん!

ウサギはメコンにスキップし、水に石を投げます。 「ナマズおじさん」 すると巨大な魚が浮かび上がります。 大きなメコンオオナマズです。 「誰が私の川に石を投げ込んでいるの?」 ナマズに尋ねます。 「すみません、キャットフィッシュおじさん、でも何かお聞きしたいのですが」

「ああ、こんにちは、ウサギ。 どうしろって言うんですか?’ ナマズはうさぎの声を聞くために岸の近くを泳ぎます。 「キャットフィッシュおじさん、尾びれにロープを巻いてもいいですか?」 「どうしてそんなことをしたいの?」 「私はあなたに強さのテストに挑戦します、キャットフィッシュおじさん。 私はあなたを上陸させるつもりです。」 ‘は? うさぎの小人であるあなたは、ナマズの私を土手に引っ張ってくれませんか? ハッハッハはナマズを見つけます。 「それで、あなたは私を恐れていませんか?」 「うさぎが怖いの? 新しい。 わかった、私は入っている、ボタンを押して」

そして、それは起こります。 それからウサギは言います、「私が叫ぶとき、あなたができる限り強く引っ張って、私を水に引き込もうとします。 笑わないでください、私はあなたが思っているよりはるかに強いです。」

ロープによる強度試験

ウサギはロープに沿って森の中を走り、TREKと呼ばれる茂みの後ろで安全に走ります。 しかし! ナマズは尻尾を叩いて引っ張ります。 「ちょっと待ってください」と象はロープが締まるのを感じながら言います。 「あのうさぎも強い」 そして彼はロープを引っ張る。 「Sayhello」はナマズを呼びます。 「あのバニーは本当に強いです。」 そしてナマズはロープを強く引っ張ります。

「ここに」と象は言い、再び引っ張ります。 「ここ」はナマズを言い、そうします。 彼らはウサギがそれほど強いと信じていないので、両方の動物はロープを下ります。 最後に彼らはお互いを見る。 ナマズおじさんと象おじさんが目を光らせています…

「うさぎ、あなたを連れて行きます。 トランクであなたをつかんで、水に突っ込みます!」 「そして、私はあなたに私のしっぽで殴打を与え、アンクルエレファントであなたを殴ります。」 「私たちはあなたとタクローのゲームをしています、そしてあなたはタクローです、あなたは賭けます。」 象はおもちゃとして使うウサギを探しに行きます。 「うさぎ、どこにいるの?」

しかし、象は森の近くで死んだ馬の頭蓋骨から声が聞こえます。 「象、うさぎを探してはいけません。 彼は非常に強いです。’ 「誰がそこで話しているの?」 ‘見下ろしてください。 それは私、死んだ馬です。 ご存知のように、象、私はかつて住んでいました。 あなたと同じように。 しかし、私は間違いを犯しました。私はウサギを笑いました。 そして彼は私に前足を差し出した。 それから私は自分が死んでいることに気づきました。」

「バニーはあなたを殺しましたか? 信じません。’ 「私を信じてください。 私はかつて大きくて強かった。 私を見てください:今私は死んでいます。 私のアドバイスに耳を傾け、ウサギのことを心配しないでください。」 象はメコンに歩いて行き、ナマズに話しかけます。 「兄弟ナマズ、ウサギに気をつけろ。 彼は魔法を持っています!」

象は向きを変えて森の中に入ります。 ナマズは尻尾を叩き、深く潜ります。 そしてうさぎ? それは強さのテストで猿のように笑い、森の中に陽気に飛び込みます…。

出典:Lao Folktales(1995)。 翻訳と編集ErikKuijpers – タクロー(ตะกร้อ手でプレイしてはいけない編みこみのボールを使ったゲームです。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here