一般開業医に尋ねるマールテン:高齢者の黄熱病とマラリアの丸薬の予防接種

0
19

MaartenVasbinderはイサーンに住んでいます。 彼の職業は一般開業医であり、以前は主にスペインで実践していた職業です。 タイブログでは、彼はタイに住む読者からの質問に答えています。

マールテンに質問がありますか、そしてあなたはタイに住んでいますか? これを編集者に送信してください:www.thailandblog.nl/contact/次のような正しい情報を提供することが重要です。

  • 苦情)
  • 歴史
  • 薬、サプリメントなど。
  • 喫煙、アルコール
  • 太りすぎ
  • 可能な実験結果および他の研究
  • おそらく血圧

写真や添付ファイルをinfo@thailandblog.nlに送信できます。すべて匿名で行うことができ、プライバシーが保証されます。


親愛なるマーティン、

私は81歳、身長1.81m、体重80 kg、血圧120/75の男性です。 喫煙者でも適度な飲酒者でもありません。 私は糖尿病IIを30年間患っていますが、そのために次の薬を服用しています。

  • Diaprel MR 601日2回
  • ユークレア50mg / 1000mgを1日2回
  • ソルティス40mg1日1回

糖尿病に加えて、私は何年もの間、まったく苦しんでいない心臓細動も患っていますが、毎日、ワルファリン3mgとトリタス5mgを1回1回、抗凝血剤を使用する必要があります。

タイ政府によって設定されたすべての制限と要件のために、私はタイで私のガールフレンドと8ヶ月の私の毎年の冬眠期間を当分の間過ごすことができるようには見えません。 今、私はガンビアに第二の家を持っている友人に行くことを数ヶ月で決めました。 私はそれについていくつかの医学的な質問があります。

ガンビアは黄熱病とマラリアに関して危険な国です。 黄熱病の予防接種は必須であり、マラリアの場合は毎日マラリアの錠剤を服用することをお勧めします。 黄熱病の予防接種は65歳以上の人には賢明ではないと聞いています。 マラリアの錠剤についても相反する報告があります。

現在の薬と組み合わせについてもアドバイスをお願いしますが、糖尿病の3か月の健康診断では、すべての血尿値が正常になっています。

挨拶、

NS。

*****

親愛なるR、

確かに、高齢者の黄熱病予防接種はより危険です。 ここを参照してください:https://nathnacyfzone.org.uk/factsheet/20/individuals-aged-60-years-and-olderリスクは100,000人あたり約2.2です。 あなたと一緒に、糖尿病のためにおそらく少し高いです。

マラリアに関する限り、リスクは大きくなく、よりリスクの高い体重を測定する必要があります。 錠剤の副作用、またはマラリアのリスク。
人々はガンビアで最も良いことを知っているので、私はその国からのアドバイスに従います。

他の薬については、十分に持って行くか、そこにあるものを調べて、ソルティスを忘れても心配しないでください。

また、凝固(ワルファリン)が測定できるかどうかを確認してください。

敬具、

博士マールテン

マールテンに質問がありますか、そしてあなたはタイに住んでいますか? これを編集者に送信してください:www.thailandblog.nl/contact/正しい情報を提供することが重要です(ページ上部のリストを参照)。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here