保険金明細書と記載されている金額–続き

0
10

忠実なタイのブロガーは、私が春以来、タイ政府の要件に従って、オランダの健康保険会社(少なくともほとんど)が「保険証書」に金額を記載することを拒否したという問題に取り組んできたことを知っているかもしれません。

私はこれに関する紛争を私の健康保険会社CZとSKGZ(健康保険会社に関する苦情および紛争の財団)に提出しましたが、SKGZはその決定において、CZに有利であると信じていました。保険」。 これはNLの場合のようであり、その結果、タイの要件に従ってステートメントを発行したい保険会社との間で、追加の2倍の保険に加入する必要がありました。 しかし、先ほど申し上げましたように、タイ政府が当面外国人観光客の保険要件を廃止しない可能性が非常に高いため、辞任することはできませんでした。

さて、12月15日、バンコクにある大使館の経験豊富な2人の従業員との個人的な会話の中で、問題の核心を説明する機会が与えられました。 その後、タイ政府にこの問題を提起し、法的に義務付けられている健康保険制度とその無制限の補償範囲(海外でも、コードは赤またはオレンジ)について説明するために、彼らはさらに詳細に立ち入ることを望まないことが判明しました。国)いくつかの例外を除いて:
たとえば、タイでの入院の場合、私たちの基本保険(いくつかの高価な保険を除く)はオランダの病院などと合意した費用レベルまでの補償しか提供しないため、高価な私立病院を選ぶべきではありません。オランダで追加被保険者がいる可能性があることは追加被保険者ですが、コードオレンジまたは赤で再度除外されます。 多くの優れたタイの州立病院の1つを使用する場合、NLでは通常よりも料金が高くならないことがよくあります。 そして、この問題を再生しません。

彼らはまた、この問題が他の国籍の人々、特にシェンゲン地域の人々にも当てはまるかどうかを最初に確認したいと考えており、他の大使館の同僚がこれについて問い合わせるべきであることが示唆されています。 私には良い計画のように聞こえます。
この文脈では、ベルギーの友人がこの投稿に応じてこれについて私たちにメッセージを送ることができるのも良いかもしれません。

結論として、私は大使館での会話に非常に前向きな印象を持ったとしか言えません。 ただし、タイの協力に一部依存しているため、コミットメントは行われていないことを明確に述べておく必要があります。 しかし、意志はそこにあり、それは今のところ十分です!
そして、大使館で話をさせていただいたのも、特に感謝したい新大使のおかげです。

最後に、このトピックに回答している、またはそれについての新しい投稿を書いている結核の読者にリクエストがあります。

発行されているかどうかにかかわらず、保険の明細書について話しているときは、明確かつ完全にして、次のことを明確にしてください。

  • そのステートメントが金額を述べているかどうか。
  • タイパス(旧CoE)用かビザ用か。
  • タイ政府/大使館/移民によって拒否されたかどうか。
  • 関係する保険会社。

この明確さが与えられなければ、それは私たちにとってほとんど役に立たないでしょう。 先週の水曜日のEddyの投稿への返信で、保険会社(名前は通常言及されています)が受け入れられた声明を出したとだけ言及されることがよくありました。 残念ながら、その声明が望ましい金額を述べているかどうかにかかわらず、決定的な事実は欠落しています。

これまでのところ、このアップデートと私はもちろん、これに関するさらなる進展についてあなたに知らせ続けます。

ハキから提出


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here