米国から寄付されたワクチンは、VIPSではなく医療関係者に送られます

0
17

(Jeppe Gustafsson / Shutterstock.com)

保健省は昨日、米国から寄贈された150万個のファイザーワクチンのうち少なくとも50万回分がプライマリケア担当者に割り当てられると発表した。 スポークスパーソンのRungruengKijphatiは、20万回の投与しか行われていないという噂を否定している。 彼はまた、VIPや軍人は優遇措置を受けていないと述べています。

チェンマイ大学の医学部の心臓専門医は、ワクチンの割り当てについて質問しました。 Rungsrit KanjanavanitはFacebookで、政府が米国から寄付された150万回の投与量のうち20万回だけを最前線の医療関係者に割り当てる計画であることを会議で知ったと主張している。

Rungsritによれば、政府は当初、医療関係者に70万回の投与を約束したが、その後、その数は50万回に減らされ、その後20万回に減らされた。

「ウイルスに感染するリスクが中程度の心臓専門医として、私はまだブースター注射を必要としません。 私は2回のSinovac注射の低い免疫力で生きることができ、すべての人に十分なワクチンができるまで待ちます。 しかし、ファイザーワクチンの30万回分の不足分が、VIPとその親戚に行き渡った場合、私は反対します。」

日曜日の記者会見で、スポークスマンRungruengは「偽のニュース」として主張を却下した。 彼は、ファイザーの50万回分の投与は、最前線の職員のためのブースターショットとして意図されていると述べた。 それらは8月の初めから管理されます。

彼はまた、VIPを支持するという噂を否定した。 「ファイザーワクチンの一部がVIP向けであるというのは真実ではありません。 ワクチンは、医療専門家およびリスクグループ向けです。 VIPは優先事項ではない」と同省のスポークスマンは述べた。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here