結核移民情報レターNo079 / 21:移民ウボン–退職に基づく年延長

0
11

レポーター:ハンス

今週も、銀行の残高80万バーツに基づいて、問題なく延長(滞在延長)を受けました。 昨年は十分なバランスがあることを証明する必要はありませんでしたが、今回はパスポートに次のテキストがホッチキスで留められたメモがありました。

「許可日から少なくとも3か月間、預金は銀行に800,000バーツ以上残っている必要があり、その後は預金を引き出すことができますが、残りの残高は40万バーツ以上である必要があります。 通帳を更新して、3か月ごとにもう一度見せてください。

UBONRATCHATHANI移民」。

したがって、将来的には、3か月ごとにまだ十分なバランスがあることを証明する必要があります。

私から提供されたコピーには、私のパスポートのコピーと、妻のタイのパスポート(私たちの家の所有者として)のコピーが含まれていました。 しかし、今回はタイID(ピンクのカード)と妻のタイIDも求められました。 コピーが作成されました。 今では、すべてのファランにピンクのカードがあるわけではないので、少なくともUbonでは問題が発生する可能性があることがわかりました。 ちなみに、誤ってタイの運転免許証を先に渡してしまいましたが、満足できませんでした。


コメントRonnyLatYa

また、かなり例外的ですが、通帳は3か月ごとに提示する必要があると思います。 私は現在それを必要としている他の入国管理局も知りません。 通常、3か月後に1回、または次の年次更新時に突然。 しかし、実際にはいつでも確認できます。

それでも90日間の通知に対応している場合は、それほど悪くはありませんが、そうでない場合は、更新を延長するときに新しい90日間の通知をリクエストして、スムーズに実行されるようにすることをお勧めします。 とにかくそこにいる必要があります。

したがって、90日間のオンライン通知の利点は失効します。 それがオンラインで機能する限り、それは必ずしも明白ではありません😉

私の知る限り、ピンクのIDを持つことは必須ではありません。 私は今それを持っていますが、私たちがまだ知らない別の要件が出てくるかもしれません。


注:「この件についてのコメントは大歓迎ですが、ここではこの「結核移民情報」の件名に限定してください。 他に質問がある場合、トピックを取り上げたい場合、または読者向けの情報がある場合は、いつでも編集者に送信できます。 これにはwww.thailandblog.nl/contact/のみを使用してください。 ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。」


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here