読者の提出物:梅雨、祝福、それとも悲惨の源?

0
13

アユタヤ2021年9月27日:大嵐により校舎前のサッカー場に洪水が発生しました。(AthawitKetsak / Shutterstock.com)

再びその時、ついにタイの一部で梅雨が明けました。 通常、8月中旬から10月末までは、イサーンののどが渇いた土壌に水が供給され、あらゆるものが再び育つようになります。

私たちは自然を制御することはできず、気候問題を否定していると考えていますが、別のグループは、気候変動の速度が速すぎて、これが多くの苦しみとコストにつながる可能性があるという危険性を認める気候協定に署名しています。
私自身、「大洪水が来た後」の精神とは何の関係もありません。 私たちは社会に住んでいるので、あなたは一緒に住みたいと思う必要があります。 自分の意見を押し通すことは必ずしも問題を解決するための解決策ではありませんが、その間、オランダでのワクチンの議論について考えています。

どちらの側を選んでも、梅雨の状況は変わりません。問題は常にどこで手に負えなくなるかです。 現在、チャイヤプーン、ロッブリー、アユタヤのおよその地域で、水面下160cmの場所もあります。 これらの地域の住民はコビッドを生き延びたかもしれませんが、今も同じことが起こっています。 炊き出しで物事がスムーズに進まない時期に、何千もの手が互いに助け合ってそれを最大限に活用します。 何週間も収入がなく、収穫が失敗したために後で収入がないのは、いつこんなにたくさんの水を植えることができるのでしょうか。 水は海に向かって流れ続け、一部の地域では2011年の洪水がわずかに繰り返される可能性があります。

タイに関する低国の最大のブログとして、なぜ最近この苦しみについて何も投稿されていないのだろうかと思いますが、主にタイに入ることを目的とした多くの作品があります。 飛行の動きが一部の地域に影響を与えることを知っている場合、他の人々の悲惨さを利用できるようにするために、文字通りすべてが乾いたらすぐにそれらの地域に行きたいと思うことは私にとって二重のままですが、その後多分それはより日当たりの良いものの始まりです。幸運な人のための時間…..

ジョニーBGによって提出された


まだ投票はありません。

お待ちください…

  1. 社説 に言う

    タイ、そして確かにアユタヤ(チャオプラヤー川流域)での洪水は毎年の現象です。 50年経ったと思います。 それは気候変動とはほとんど関係がありません。 それがほとんどニュースではない理由です。 タイ人自身も驚かない。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here