読者の質問:健康保険に加入する代わりに自分を救う?

0
23

読者の皆様、

タイの健康保険はここで何度も話題になっています。 しかし、あなたが私の推論に同意するかどうか、あなたから聞きたいです。

私は66歳で、(57歳の)タイ人の妻と一緒にタイに引っ越すことを考えています。 私たちは今ベルギーに住んでいます。 タイには健康保険の選択肢がたくさんあります。 駐在員/退職者のための優れた健康保険は、1人/月あたり450ユーロの費用がかかります。 そして、「既存の状態」などについて細字が何を言っているかを待つ必要があります。腎臓透析を払い戻さない企業もあります。 集中治療室の患者の約半数が何らかの形の腎臓透析を受けていることを知っているなら…

私の妻はそれにたくさんのお金を使うのはばかげていると思います。 それでも、少なくとも私と同じくらい彼女に保険をかけたいと思っています。

タイで保険に加入していないのに、医療費の普通預金口座に毎月800ユーロを投資した場合はどうなりますか? 私たちが病気になるかどうかは賭けのままですが、私たちはかなり充実した普通預金口座を持っています。 その「月額800ユーロの健康貯蓄貯蓄口座と合わせて、私たちはどんな打撃も吸収することができます。

必要に応じて、緊急時にベルギーに戻って医療を受けることができます。 オランダの仲間の患者は、オランダの健康保険に再び請求できるようになるまで待機期間があると思います。 ベルギー人は、私が正しく読んだ場合、待機期間なしでベルギーの健康保険を再び利用することができます。 大規模な作戦や重大な事故でタイに緊急に入院した場合、もちろんその計画は機能しません。

ファランとしてタイの州立病院に行くことはできますか? それは私にとって高価なタイの私立病院である必要はありません。 タイの病院は手ごろな価格の良いケアを提供している印象があります。

挨拶、

ヨハン(BE)

編集者:Thailandblogの読者に質問がありますか? お問い合わせフォームをご利用ください。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here