ANVRは、EU以外の目的地への他の旅行アドバイスも求めています

0
23

旅行部門は、EU内の目的地への旅行アドバイスへのアプローチを変更するという政府の決定に満足しており、この新しいポリシーはEU外の目的地にも適用されるべきであると提唱しています。

ANVRは、しばらくの間、このステップを推進してきました。 行楽客や旅行者により明確にするだけでなく、特にこれは旅行のアドバイスがパンデミックの現在の状況により一致していることを意味するためです。

7月1日にデジタルコロナ証明書(DCC)が導入され、この決定がすぐに行われなかったことは非常に残念です。 それはそれが旅行会社と行楽客の両方にとって美しい夏休みであったことを確実にしたでしょう。 しかしもちろん、旅行部門は、内閣が結局旅行アドバイスを変更することを決定したことを喜んでいる」と語った。 「ちなみに、それも正しいです。 入院と予防接種率は、感染数よりも旅行と休暇の安全性のはるかに良い指標です。 ANVRは、ヨーロッパ全体が7月27日から黄色に変わることを喜んでいます。 ヨーロッパの場合、オレンジの旅行アドバイスは、特別なウイルス変異が存在する場合にのみ使用されます。 もちろん、コロナのルールも目的地で注意深く守らなければならないことをお客様に強調し続けています。」

新しいアプローチの重要な側面は、EU以外の国から帰国する場合も、8月8日日曜日からオランダに帰国するためにDCCを提出できる必要があるということです。 完全に予防接種を受けていない人の場合、帰国時のPCR検査は48時間以内、抗原検査は24時間以内である可能性があります。」

その間、ANVRは引き続き、タイなどのEU外の目的地にもこの新しい政策を適用するよう内閣に強く要請します。 現在許可されている国のホワイトリストは非常に限られており、新しい目的地でリストが完成するまでには長い時間がかかります。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here