GfKの調査:オランダの人々は用心深いが、休暇を予約する準備ができている

0
26

オランダ人はこの夏、主に外国のビーチでの休暇を必要としていますが、コロナは予約行動に影響を与えます。 オランダ人の3分の1は、今後数か月以内に海外旅行を予約することをまだ期待しています。

これは、GfKが先月、旅行傘下組織ANVRに代わって、約1,100人のオランダ人を対象に予約行動と旅行の意図について質問した代表的な調査から明らかです。

旅行業界は約15か月間ほとんど停滞しており、長距離旅行はまだ保留されています。 オランダ人の少なくとも60%は昨年海外旅行を予約していませんでした。 また、旅行者の半数は、今年の旅行を予約しないか、予約数を減らすと述べています。 しかし、32%はもっと明確になれば、25%は目的地が安全で、19%はワクチン接種を受けていれば、海外に行く意向があると考えています。

休日の交通手段として最も人気のある手段は飛行機(46%)のままですが、自家用車(43%)の人気が高まっています。 コロナ以前は、飛行機は海外で最も人気のある輸送手段(57%、車32%)でしたが、昨年は車(36%)を犠牲にしてすでに何か(52%)を失い、今年は別の飛行機があります1.上にすくう(飛行機46%、車43%)。 私たちは家の近くにとどまり、柔軟になりたいと思っています。 これは、オランダ人が予約した休暇内に手配する内容にも反映されています。38%は滞在のみを予約しましたが、以前はこれよりも少なかった(2020年:27%、2019年:24%)。

GfKの調査によると、コロナは休日の種類に影響を及ぼします。 42%で、夏のビーチでの休暇は、市内旅行(12%)、スポーツ休暇(10%)、たとえば往復(8%)をはるかに上回っています。 コロナも目的地に影響を与えます。 26%は単に選択した目的地を選択し、20%はオランダに近い目的地を選択し、31%はオランダの場所を選択します。

予約の方法:直接、旅行代理店、旅行代理店、または比較サイトを介して、また使用されるチャネル(Web、メールなど)は、近年あまり変わっていません。 もちろん、調査によると、2021年に旅行代理店を通じて予約されたものは少なくなっていますが、すべての旅行代理店が長期間閉鎖されているため、それは明らかです。

ヨーロッパが黄色に変わり、世界の他の地域が間もなくアクセスしやすくなることを願って、旅行者はいわゆるコロナパスポートにもかかわらず、国ごとに異なる可能性のあるさまざまな措置を考慮に入れる必要があります。 GfKの調査によると、オランダ人はこれにそれほど導かれていません。 検疫義務(84%)、観光名所やレストランの限定的な開店(68%)、または夜間外出禁止令(56%)があるため、目的地は多くの人にとって選択肢ではありません。 しかし、70%以上が、旅行証明書、否定的なテスト、または予防接種証明書を持って旅行することに真の異議はないと考えています。


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here