MicrosoftExcelのビルトインストック機能の使用方法

0
138

スプレッドシートの株式市場データが必要な場合は、Microsoft Excelに組み込まれている株式データ型を使用して、時間を節約し、最新の情報を取得できます。 ティッカーシンボル、時価総額、前回の終値などの詳細をシートに入力する方法は次のとおりです。

Excelシートに株式データを追加する

Microsoft ExcelでStocksデータ型を使用するには、インターネット接続と少しの独自のデータのみを開始する必要があります。

スプレッドシートを開き、会社名や銘柄記号などの情報を入力します。 セルを選択したまま、[データ]タブを開き、リボンの[データタイプ]セクションで[株式]をクリックします。

[データ]、[データ型の株式]の順にクリックします

数秒後(インターネット接続によって異なります)、右側に「データセレクタ」サイドバーが開く場合があります。 これは、アイテムが見つからない場合、またはその名前の在庫が複数ある場合に発生します。

サイドバーで使用可能なオプションのいずれかの下にある[選択]をクリックします。

株式データセレクター

初期データを含むセルから離れてクリックした場合は、もう一度選択して、その横に表示される小さな[データの挿入]アイコンをクリックします。 必要になる可能性のあるすべての株式市場の詳細を含む、長くスクロール可能なリストが表示されます。

リストを表示するには、[データの挿入]をクリックします

含める情報を選択すると、右側のセルに表示されます。 同じ方法で、在庫の詳細を追加し続けることができます。 選択した追加の詳細は、右側の後続のセルに入力されます。

列ヘッダーを追加して、含めるデータを識別することもできます。 ただし、いつでも、アイテムを含むセルをクリックするだけで、数式バーの内容を確認できます。

数式バーの株式データの詳細

データ型カードを表示する

株式の詳細のスクロール可能なリストは役に立ちますが、これと同じデータをカード形式で表示することもできます。 最初に入力した会社または株式を含むセルを右クリックし、表示されるメニューから[データ型カードを表示]を選択するだけです。

[データ型カードを表示]をクリックします

その後、読みやすいスナップショットで同じ詳細を確認できます。 必要に応じて、右下隅をドラッグしてカードを拡大することもできます。 カードからシートに移動情報を追加するには、そのデータにカーソルを合わせて、[グリッドに抽出]アイコンをクリックします。

[グリッドに抽出]をクリックしてデータを追加します

株式データを更新する

Microsoft ExcelのGeographyデータ型と同様に、Stocksデータ型はオンラインソースから情報を取得します。 これは、Webブラウザを開かなくても更新できることを意味します。

これを行うには、会社名または銘柄記号を含むセルを右クリックし、表示されるメニューから[データ型]>[更新]を選択します。

[データ型]、[更新]の順にクリックします

株式機能が表示されませんか?

Microsoft ExcelにStocksデータタイプが表示されない場合は、システムが次の要件を満たしていることを確認してください。

  • Excel for Microsoft365を使用しています。 Microsoftは将来、この機能を追加のバージョンに追加する可能性がありますが、今のところ、これを使用する必要があります。
  • Officeの最新バージョンに更新しました。 Microsoftはこの機能を段階的に展開しているため、少し待つ必要があるかもしれません。 Officeの新しいバージョンをチェックし続けてください。
  • Officeの編集言語として英語が設定されています。 Excelのデータ型は、これを行った場合にのみ使用できます。 ここでMicrosoftWordで変更する方法を学ぶことができます。これにより、Excelでも変更されます。

関連: MicrosoftWordで言語を変更する方法

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here