TATは、スプートニクVワクチン接種の承認がロシアの訪問者を引き付けることを望んでいます

0
24

プーケットのロシア人観光客

タイ国政府観光庁(TAT)は、今年、50万人のロシア人訪問者がタイに来ることを望んでいます。これは、Covid-19状況管理センター(CCSA)が、スプートニクVのワクチン接種を受けた観光客がさまざまなサンドボックスの目的地を訪問できるようにするためです。

「ロシア人はタイにとって重要な観光客です。 パンデミックの前に、140万人の訪問者がロシアから来ました。 ギリシャやトルコなどの国への最近のロシア人観光客の流入は、旅行先の需要があることを証明しています」とTAT知事YuthasakSupasornは述べています。

TATは、今年初めに120万人の外国人観光客がタイを訪れると予測しましたが、デルタバリアントの発生により、総数は100万人に減少する可能性があります。

スプートニクVのワクチン接種を受けたロシアの2,000万人に加えて、ベトナムなどの潜在的な市場を含め、世界69か国の37億人以上が同じワクチンを受けています。

TATのヨーロッパ、アフリカ、中東、南北アメリカの副知事であるSiripakorn Cheawsamootは、チャーター便の準備に1か月かかるため、ロシア人は早ければ10月にサンドボックスの目的地を訪れると予想されていると述べています。 ロシア人の50%、主に個人旅行者が自分のチケットを予約するため、TATは他の航空会社にも連絡してプーケットへの定期便を手配します。

CCSAがプーケットから他の目的地への7+ 7延長に青信号を出したので、TATはバンコクエアウェイズとプーケットからサムイへのフライトを再開する可能性について話し合います。

TATはまた、ベトナム、香港、シンガポール、韓国にトラベルバブルを追加したいと考えています。また、チョンブリ(パタヤ)のラン島やチャン島、コ島など、東部地域で拡張計画に参加する可能性のある地域を探しています。ウタパオ空港経由で行くことができるトラートのクート。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here