TATは、第4四半期に7日間の検疫期間を短縮したいと考えています

0
24

タイ国政府観光庁(TAT)は、第4四半期に外国人観光客の検疫を短縮することで観光客を増やすことができると期待しています。

TATのYuthasakSupasorn知事は、現在の発生はより深刻で、予想よりも長く続くと述べた。 それは、新たな感染の数を減らすための厳格な対策につながりました。

タイはプーケットサンドボックスプロジェクトを通じて再び外国人観光客を歓迎しようとしました。 7月1日から8月12日までの間に、これにより約20,000人の観光客が生まれました。 わずか55人の訪問者または0.28%がCovid-19の陽性反応を示しました。

10月には、プーケットに加えて、完全にワクチン接種された観光客のためにさらに多くの目的地が開かれますが、それはあまり役に立ちません。 外国人観光客を引き付ける最も効果的な方法は、全面的に検疫期間を短縮することです。

「現在の発生がある程度抑制されている場合は、より多くの旅行を生み出すために、プーケットだけでなく全国で検疫規則を緩和する計画を提案します。 ますます多くの国が強制検疫期間を7日に短縮し始めています」とYuthasak氏は述べています。

出典:Bangkok Post


まだ投票はありません。

お待ちください…

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here